飲料

赤ちゃんのミルク作りにも安心して利用できる水

赤ちゃんにとって水だけが大事?
それとも栄養も大事?
一番疑問かもしれませんがどちらも大事です!
当然ですよね?
赤ちゃんが成長するにはどちらも欠かせないということが理解すればわかるからです!
ではどういうことか?
ここではそのことについてしっかりと考える機会にしましょう!

赤ちゃんってミルクを与えて成長していきますが、そのミルクの水にもこだわることが大事だっていうのはミルクを作る際に「水」が欠かせないからです!
水がなくてミルクって出来ます?
ミルクの前って粉ですよね?
それを溶かすのが水です!
ミネラルが含んでるから良いということではなくて、赤ちゃんは消化能力が無いのであまり、ミネラルを含んでいるものを与えるとお腹を下したりとか色々と問題になります!
だからお分かりだと思いますが、最適な水は「軟水」になるんです。

軟水と硬水の違いってミネラル量のことです!
赤ちゃんが飲むものだからこそ安心って大事だと思いません?
人の命に関わるものが水です。
その水にこだわるってことは「命」を大事にしているってことだと感じませんか?
少し大げさすぎるかもしれませんがね…。

ですが「安心できる」ってことはそれだけ水の重要性を考えることでもあるのです。
好き勝手使っている水ではありますが、もう一度その使い方を考えてみるのも水の大切さに気付くかもしれません!
水道水が悪いってことじゃないんですよ?
水道局の人が使えるように必死になってくれてはいますが、塩素の匂いを含めて感じたりしませんか?
基準では問題ないとされていますが、果たして本当でしょうか?
医学的なことまでさかのぼるとキリがありませんが、不純物がない水で安心して飲めることが一番自分にとっても良いと思いません?
私は少なからずそう思います!

赤ちゃんの飲み物をしっかりと比べるのなら私たちが飲む物だって再度確認するべきです!
便利すぎる世の中ですが、水がなければ生きてさえいけません。
その部分を再度認識し直すことが良いと思います!

Menu