飲料

口当たりがやわらかく、甘いと感じさせる水

水の硬度って言うのは、ミネラル量によるものですね。
つまり、どれだけ含まれてるかっていう基準がWHOであるということです!
その基準に従って判断されたのが軟水と硬水という種類です。

そして世界には「超軟水」というのも存在しています。
その超軟水はとろけるほどのような表現が適切でしょうか?
まろやか過ぎてきっと驚かれると思います!
その中でも「櫻岳」を調べてみてください!
それはきっとびっくりすると思います!

軟水の中でも多く分類されるのですが、どうして軟水がいいのか?というのは先程の表現でもありますが、口当たりが良いということですかね!
人によって様々だとはいえますが、好みはこちらの方が多いかもしれませんし、日本で売っている水は結構こっちよりが多いのは事実です!
だからといって軟水がいいの?っていう疑問は難しいです!人によって好みは様々、好きなものも嫌いなものも違うように、中には軟水を好まない方もいます!
そこは自己判断と使い分けが重要です!
沢山のメーカーさんが販売していますが、自分の気に入る一本があるのならそれが軟水の中でもどれくらいのものなのかっていうのを調べてみるときっと楽しいと思います!
普段考えずに購入しているものもそうやって見方を変えてみると楽しいものです。
オススメします!

さて軟水の良い所は日本人には特に多くあるのんですが、料理等には適しているといわれています!
とはいってもこれは偏見もあるかもしれませんので表現が難しいですが、日本料理では比較的軟水が使われています!
素材を引き立てる役割があるみたいですね!
後は飲み物にしても軟水を使っている人の方が大半を占めています!
そういう面でも日本で好まれるのは軟水が多いかもしれませんね!

もう一度飲み比べたり、調べたり、水一つでも沢山の発見があると思います。
私がそうで、こうして記載するにあたって生半可なことは書きたくなかったので調べてみたのです。
沢山の発見もありましたので、是非調べてみたりして水と向き合うことをオススメします!

Menu